人身事故にあったときの対応

いつ、どこで、どんな場面で事故が起こるかはわかりません。もしも車で人身事故に巻き込まれてしまった場合にはどうすればいいのでしょうか。このページでは人身事故に巻き込まれた時について解説します。

通報まず交通事故が発生した時に負傷者を助けることと警察に通報することの2つのことは義務になっています。その場で当事者同士で示談をしたり、話をして解決することは絶対にしてはいけません。そのため、もしも交通事故にあってしまった場合や巻き込まれてしまった場合にはまず落ち着きましょう。落ち着いて行動することによって事故の処理やそのあとの交渉を円滑に進めることができます。

また、交通事故の初期対応としていざというときのために対応をメモに残して車の中に置いておくなどをしてもいいでしょう

まとめると、事故が起こった後は運転することを辞めて、負傷している人を助けて、警察に通報してから、警官がきたら事故の内容を報告するという流れになります。また、加害者側がなかなか警察に通報をしない状況の場合は被害者側が警察に通報する流れになります。例外として加害者側が免許の停止などを逃れたいために警察に通報するのはやめようと相談してくることが稀にありますが、それは絶対に応じてはいけません。そのため、事故が起きてしまった場合は、警察に通報することを忘れないようにしましょう。


関連記事

Pocket