弁護士に慰謝料相談

事故の処理や保険屋さんの関係や車の修復、また怪我が治ると示談金のお話になります。その時に急いで示談書にサインをしてはいけません。交渉相手はたいていのお場合は保険会社の交渉をする専門の人になりますが、たいていの人は示談成立を急いできます。しかし、任意保険の会社独自の基準よりも弁護士の基準という慰謝料の金額水準は強制加入である自賠責保険の基準や任意保険の基準よりも高額な慰謝料をもらえる可能性が高まります。

慰謝料慰謝料とは精神的な苦痛に対する保証の部分のことを指します。そのため支払い義務が生じるのは人身事故に限られます。慰謝料に相場があることは実はあまり知られていません。慰謝料は基本的に被害者の精神的苦痛を補うために支払いがされますが、精神的苦痛をお金にしてしまうことは難しいことです。そのため、慰謝料の相場は決まっているのです。交通事故の慰謝料は相場があり、ケースによると計算方法が示されていることもあるので被害者自身でも計算をすることが可能になります。

また、実際に出された金額が弁護士基準によって出された金額なのか、任意保険の会社の基準によって出されたのかが重要になります。もしも弁護士基準でないまま示談に同意してしまった場合は損をすることもあり、実際に貰えたはずの金額よりも大幅に少ない金額を受け取ることになります。交通事故被害については基本的に弁護士へ相談するようにしましょう。

推奨リンク・・・交通事故弁護士へ相談する


関連記事

Pocket