弁護士に慰謝料相談

事故の処理や保険屋さんの関係や車の修復、また怪我が治ると示談金のお話になります。その時に急いで示談書にサインをしてはいけません。交渉相手はたいていのお場合は保険会社の交渉をする専門の人になりますが、たいていの人は示談成立を急いできます。しかし、任意保険の会社独自の基準よりも弁護士の基準という慰謝料の金額水準は強制加入である自賠責保険の基準や任意保険の基準よりも高額な慰謝料をもらえる可能性が高まります。

慰謝料慰謝料とは精神的な苦痛に対する保証の部分のことを指します。そのため支払い義務が生じるのは人身事故に限られます。慰謝料に相場があることは実はあまり知られていません。慰謝料は基本的に被害者の精神的苦痛を補うために支払いがされますが、精神的苦痛をお金にしてしまうことは難しいことです。そのため、慰謝料の相場は決まっているのです。交通事故の慰謝料は相場があり、ケースによると計算方法が示されていることもあるので被害者自身でも計算をすることが可能になります。

また、実際に出された金額が弁護士基準によって出された金額なのか、任意保険の会社の基準によって出されたのかが重要になります。もしも弁護士基準でないまま示談に同意してしまった場合は損をすることもあり、実際に貰えたはずの金額よりも大幅に少ない金額を受け取ることになります。

Pocket

人身事故にあったときの対応

いつ、どこで、どんな場面で事故が起こるかはわかりません。もしも車で人身事故に巻き込まれてしまった場合にはどうすればいいのでしょうか。このページでは人身事故に巻き込まれた時について解説します。

通報まず交通事故が発生した時に負傷者を助けることと警察に通報することの2つのことは義務になっています。その場で当事者同士で示談をしたり、話をして解決することは絶対にしてはいけません。そのため、もしも交通事故にあってしまった場合や巻き込まれてしまった場合にはまず落ち着きましょう。落ち着いて行動することによって事故の処理やそのあとの交渉を円滑に進めることができます。

また、交通事故の初期対応としていざというときのために対応をメモに残して車の中に置いておくなどをしてもいいでしょう。

まとめると、事故が起こった後は運転することを辞めて、負傷している人を助けて、警察に通報してから、警官がきたら事故の内容を報告するという流れになります。また、加害者側がなかなか警察に通報をしない状況の場合は被害者側が警察に通報する流れになります。例外として加害者側が免許の停止などを逃れたいために警察に通報するのはやめようと相談してくることが稀にありますが、それは絶対に応じてはいけません。そのため、事故が起きてしまった場合は、警察に通報することを忘れないようにしましょう。

Pocket

車で人身事故にあったら

人身事故車を運転していて人身事故にあったらどのようにするべきでしょうか。どんなシーンで事故に巻き込まれるのかは誰にもわかりません。万が一、人身事故に巻き込まれてしまった際に、どのように対処すればいいのかわからないという方もいるでしょう。とくに交通事故が起こった直後には加害者も被害者もパニックになっていて冷静に状況判断ができない人も多いことがあります。まずは落ち着いて行動することが大切です。このページでは車で人身事故に巻き込まれた場合の説明とその後弁護士に慰謝料を相談する重要性について説明しています。

交通事故に巻き込まれた場合は怪我をした人や巻き込まれた人がいたらその人の救護をして、警察に通報することは義務になっています。その場で当事者同士によって話し合って解決をすることや、示談を進めることは絶対にしてはいけません。そのためもしも交通事故の被害に巻き込まれてしまった場合には加害者側が警察への通報を嫌がったりしても絶対に警察に通報をしなければいけません。

また、事故の処理や怪我の治療が進んでくると保険屋さんとの示談金のお話になります。交渉相手は大体の場合は保険会社の交渉専門の人になりますが、たいていの場合は示談の成立を急いできます。しかし、任意保険の会社独自の基準よりも弁護士の基準という慰謝料の金額の水準は強制加入しなければいけない自賠責保険の基準や任意保険の基準よりも高額な慰謝料をもらえる可能性が高まります。そのため、もしも人身事故に巻き込まれてしまい、自分が被害者になり示談金を貰う立場になったら損をしないようにするためにも弁護士に相談することが大切です。

Pocket